■Khalishpur Woman's Sewing Project■

カリシュプール・キリスト教女性縫製協同組合として1986年に結成。
女性の自立と生活の向上目的に活動しています。
バングラデシュ第3の都市クルナの郊外の女性たちが、
隙間なく刺し子を施す伝統手工芸のノクシカタ刺繍の短期間訓練後、
生産に携わっています。

*ノクシカタ刺繍:裏打ちをした古い木綿のサリーに刺繍と刺し子をして、
赤ちゃんのおくるみや掛け布等に再生されたのが、
伝統的手工芸品ノクシカタの始まりです。
隙間なく刺し子にしてあるため、縮緬のように柔らかく
暖かい手触りになっています。
<p>国】バングラデシュ・クルナ

 

■Luigine Sisters■

クルナのイタリア系カトリック女子修道会。
女性たちにノクシカタ刺繍の研修をし、製品作りの仕事を提供しています。
400人もの女性が通って来ており、
字の読めない女性たちのために識字教室も開いています。
Luigine Sistersのノクシカタは、とても細かい刺し子が特徴で、
まるで、縮緬のように見えます。

【国】バングラデシュ・クルナ

 

■Blue Sisters ■

毎日数時間働きに来る170人の女性たちと、
自宅でジュート・ロープを作って週に一度届けに来る750人の女性たちで構成されています。
センターがジュート糸を提供し、女性たちが自宅で製作しています。
とても細いジュート糸を使い、
レース編みのような繊細なジュート製品を得意としています。

【国】バングラデシュ・クルナ

 

■Mozgunni■

クルナ郊外の女性グループです。
セント・マリア教会をセンターにジュート製品の製作を行っています。
エリア別に3グループで形成。
新しいデザインの習得や、完成した商品を持ってきたり、
週に一度数時間、各グループのメンバーはセンターに来ます。
主な製作アイテムは、マクラメバッグ、シーカ、マット、ハンモックです。

【国】バングラデシュ・クルナ

 

■Ekota Mohila Somiti■

女性協同組合を意味するグループ名。
クルナの南地域に住んでいる15人の女性の小さなグループから始まりました。
貯蓄を一緒にし、布を購入、それらに刺繍をして、
クルナの町のいくつかの店に置いてもらっていましたが、
売れないとお金は入ってこないため、BaSEとの連携を開始。
EMS製品のほとんどはクルナの北のパブナ地区の他のグループの
手紡ぎ、手織りのシルクを使用しています。

【国】バングラデシュ・クルナ

 

■BaSE■

BaSEはバングラデシュの職人を意味するBangladesh Shilpo Ekotaの略。
古くから活動していましたが、この名前を使い始めたのは1992年。
主にバングラデシュの南西部クルナエリアで活動している小さなグループをまとめ、
商品開発、販路拡大を行っています。
イタリア系カトリック教会をセンターとしていることから、
1977年以来、多くはイタリアの市場に販売しています。
WFTO(世界フェアトレード機構)加盟。

【国】バングラデシュ・クルナ

 

■Banchte Shekha■

教育や仕事、社会参画から取り残されていた女性の問題を明らかにし、
農村部での女性の自立を支援するため、1976年にアンジェラ・ゴメスが設立。
また、障がい児のリハビリと障がい者の仕事創出活動にも取り組んでいます。
この活動が評価され、
彼女はアジアのノーベル平和賞と言われる「マグサイサイ賞」を受賞。
多くの女性たちは、手工芸品部門に、小さなグループに分かれて所属。
ノクシカタの製品や生地を作っています。

【国】バングラデシュ・ジョショール

 

■Baradal Hessian sewing centre■

クルナの西、サトキラの南の100年ほど前にキリスト教に改宗した
アウトカーストの人たちが多く住む村の女性グループです。
特に貧しい女性の自立と生活向上を目的として1982年にイタリア人宣教師が設立。
センター拡大とともに100名ほどの女性が仕事を得ている時期もありましたが、
現在では外国からの注文の減少で45名ほどの女性が働いています。
主にジュートを織り、刺繍を施して、マット、バッグ等の製作をしています。

【国】バングラデシュ・サトキラ

 

■Jagorani Jute Handicrafts■

1968年設立のハンディクラフト・トレーニングセンター&ショップ。
女性たちがジュートや刺繍製品製作で収入を得るために
8週間の研修を受けた後は、自宅で仕事ができるようになります。
現在、センターで仕事を得ている女性は3000人に達し、
センターとショップでは22人の女性たちが働いています。

【国】バングラデシュ・ダッカ

 

■Wongwiang Handicraft■

元ハンセン病患者のOun Wongwiang氏が中心になって
1987年にできたグループ。
アメリカのプロテスタント教会の宣教師と医師が設立したチェンマイの
リハビリテーションセンターで学んだ技術を活かして木工製品を製作。
製作・販売を通して、持続可能な収入と生活改善を目指しています。
チェンマイ、ランプーン、ランパン周辺の村に住んでいる
元ハンセン病患者の20家族がこのプロジェクトにかかわっています。

【国】タイ・チェンマイ

 

■The HuayDtom Handicraft Research Center■

約40年前に僧侶によって仏教の寺院を中心にできたカレンの村、
Huay Dtomの2006年設立の女性の手織りグループ。
伝統工芸であるカレンの織りの保存と女性たち自身のための
持続可能な収入を生み出すために必要な手段を習得することを目的としています。
16〜80歳までの75人で構成され、メンバーの大半は50歳以上。
ほぼすべての織物は伝統的なカレンの織機で織られ、
母から娘に織りの技術が受け継がれています。

【国】タイ・チェンマイ

 

■Thai Tribal Crafts■

タイ北部の少数民族の人たちに、生活の質を改善する機会を提供するため、
1973年にチェンマイで設立。
フェアトレードNGOとして2002年にWFTOに加盟。
アカ、モン、カレン、ラフ、ラワ、リス、ミエンの7つの民族が
生産にかかわっています。

【国】タイ・チェンマイ

 

■Pattanarak■

開発を意味するPattanaと保護を意味するAnurak。
2つの言葉から名づけられたPattanarak財団は2000年設立。
タイ・ラオス国境付近ウボン・ラチャタニの貧しい村々の収入向上のための
綿花生産プロジェクトより、商品が届きます。
染色、綿加工縫製、織り、およびマーケティングなど、
グループに分かれて活動。
自然の素材のみを使い手間ひまかけて伝統的なものづくりをしています。

【国】タイ・ウボン、ラチャタニ

 

■Ban Do Fai Grop■

JICAとUNDPの支援を受けた地域の女性たちの収入向上のためのプロジェクトの終了後、
2004年に女性たちが自ら設立したグループ。
農閑期に山で取れるオーガニックコットンを手紡ぎし、
天然染色(藍やソメモノイモなど)し、手織りで作った布。
その布を使って、つくられたやさしい洋品雑貨が届きます。
手紡ぎ、手織り、草木染めならではの優しい肌触りと色合いです。

【国】ラオス・ウドムサイ

 

■FLAME■

アフリカ南部の7つの周辺国と国境を接しているザンビア。
首都のルサカ近郊に、女性の自立支援とコミュニティースクールの経営、
ストリートチルドレン(ほとんどがエイズ孤児)の
保護施設を運営しているFLAMEはあります。
貧しい農業をやっている女性たちが、ミシンでの縫製を習いに来ており、
学校に通ったことがなく字が書けない人のためには、読み書き(英語)の授業も行っています。
上達した縫製チームから、
アフリカン・バティック=チテンゲ(東アフリカでは、キテンゲ)で縫った
バッグ、パンツが届きます。

*チテンゲは、花や果実、動物、生活用品をプリントした
アフリカらしい大胆なデザインがとても印象的な布で、
好きな大きさに切って巻きスカートにしたり、洋服を作ったりと、
様々な用途に使われます。

【国】ザンビア・ルサカ